システムエンジニアの苦悩の日々を告白


by qwb5oxf7fs
 エーザイの内藤晴夫社長は3月4日に記者会見し、2011年度の日本での売り上げ目標を当初の3600億円から4200億円に大幅に引き上げる考えを示した。当初目標を09年度に2年前倒しでほぼ達成するため。10年度は3800億円を予想しており、11年度はそれから400億円上積みする計画だ。12年度については、薬価改定があることを踏まえ、4000億円と予想した。

 内藤社長は、低悪性度非ホジキンリンパ腫治療剤ベンダムスチン、神経障害性疼痛治療剤プレガバリン(共にパートナーが申請中)、難治性再発乳がん治療剤エリブリン(3月申請予定)、重症敗血症治療剤エリトラン、不眠症治療剤エスゾピクロン(共に10年度申請予定)などの寄与に期待を示した。
 また、08年6月に発売した関節リウマチ治療剤ヒュミラについて、「適応追加に加え、全例調査終了を機に急伸長させ、中期的には領域トップシェアを目指す」とした。

 同社にとって最大の経営課題は、10年11月の米国でのアルツハイマー型認知症治療剤アリセプトの特許切れへの対応で、米国でのアリセプトの売り上げについて、10年度の20億ドルから、12年度には8億ドルに12億ドル(約1050億円)減少すると予想。減少分を日本事業(200億円増)と中国事業(200億円増)の拡大、米国の現製品の拡大および新製品投入(650億円増)で相殺したいとした。


【関連記事】
アルツハイマー型認知症治療薬の選択肢拡大へ
国内売り上げが海外減収分を補い増収増益―エーザイ
米バイオベンチャーを227億円で買収へ―エーザイ
アリセプトの米特許切れ克服に自信―内藤エーザイ社長
エーザイ、アリセプトの共同販促などでファイザーと合意

恐竜絶滅 1回の小惑星衝突が原因 直径10〜15キロ(毎日新聞)
<学力テスト>7割で実施へ 全国小中学校(毎日新聞)
雑記帳 自腹で運転士に いすみ鉄道が募集(毎日新聞)
<養育放棄>3割が無職 経済格差も背景(毎日新聞)
紀伊半島沖に地震・津波計=「東南海」対策に期待−無人機で海底に設置へ・海洋機構(時事通信)
[PR]
# by qwb5oxf7fs | 2010-03-09 06:35
 芸能ニュースの舞台裏を“暴露”する携帯サイト「梨元・芸能!裏チャンネル」が好評を博している。24時間体制で、梨元さんがつかんだ特ダネなどをリアルタイムで配信。昨年12月には動画投稿サイト「ニコニコ動画」の公式チャンネルを開設した。「携帯の画面上で、生放送のワイドショーをやりたい」という夢を実現するため、きょうも取材先に向かう。

 「芸能!裏チャンネル」の利用者は、芸能人の結婚、離婚といった話題のニュースを月額315円で見ることができる。10人の編集部員が入手したスクープはもちろん、スポーツ紙の芸能ニュースなども紹介。政治ニュースも速報しており、バンクーバー五輪では日本選手の競技結果も速報した。5年ほど前に開設され、現在の有料会員は5、6万人(推定)を数えるまでに成長した。

 自身が解説する動画ニュースも携帯用に配信しているが、現在は3、4分ほどの容量の情報しか届けることができない。「海外向けにその場で翻訳して伝えることができるようなワイドショーを長時間、生放送でやれないか検討を始めています」と“次の一手”を明かす。

 ネットは配信会社が話題ごとのアクセス数を把握しているため、どんなニュースが読まれているかが瞬時に分かる。視聴者の関心の高いものは徹底して追う。そこにはスポンサーもない。しがらみもない。

 そんな個人発のニュースの力を身をもって感じたのは、昨年夏に発覚した歌手で女優、酒井法子さんの覚醒(かくせい)剤事件だった。

 アクセス数が1カ月に700万(推定)と爆発的に増え、「ネットはいける」と確信した。

 サイトにはメールで匿名の情報が続々と寄せられる。そんなタレコミをきっかけに、歌手の安室奈美恵さんの熱愛発覚の第一報をキャッチ。女優の釈由美子さんの熱愛スクープもものにした。

 このほか、タレントの加護亜依さんとの対談を企画して、テレビに売り込んだだけでなく、ニコニコ動画に開いた公式チャンネルで配信もした。ネットや携帯を舞台に、活躍の場を広げている。

 「ハード面が進化を遂げるたびに、ニュースの伝え方が変わってきた。ただ、さらにどう変わっても、ぼくが人間ドラマに興味を持ち、追い続けることは変わりません」。生涯現役を誓う言葉に気負いはなかった。(村上智博)

通信・放送の法体系、60年ぶり見直し=放送局再編を後押しも−総務省(時事通信)
<鳩山首相>「小沢氏と説明責任で合意」予算審議で明かす(毎日新聞)
<行政書士>警視庁が監視強化 外国人の不法就労助長(毎日新聞)
芸能プロ社長に有罪=3億円脱税−東京地裁(時事通信)
<フジテレビ>キー局初のバラエティー番組指針(毎日新聞)
[PR]
# by qwb5oxf7fs | 2010-03-07 20:40
 警察庁(12日付)生活経済対策管理官(埼玉県警刑事部長)世取山茂

<ニイウスコー>元会長ら再逮捕へ 05年決算も粉飾容疑(毎日新聞)
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決−さいたま地裁(時事通信)
<地震>沖縄で震度5弱 津波警報発令(毎日新聞)
大阪・平松市長、外国人参政権に慎重姿勢「国に議論尽くすよう要求」(産経新聞)
富士山の日フォーラム 5年でごみ123トン回収を報告(毎日新聞)
[PR]
# by qwb5oxf7fs | 2010-03-06 02:46
 バンクーバー冬季五輪のスピードスケート男子五百メートルで銅メダルを取った加藤条治選手(25)の母校・山形中央高の駐輪場に「条治を超えろ!!」と書かれた縦1.5メートル、横10.5メートルの看板がある。

【感動を写真でもう一度】長島が銀、加藤が銅 スピード男子五百

 加藤選手は高校総体で3連覇し、高校時代にワールドカップ(W杯)で準優勝2回。輝かしい戦績を記念して、卒業半年後の03年10月に作られた。「『条治を目指せ』の案もあったが『超えなきゃだめだ』という意見が出て変更された」と同校教諭。

 母校はセンバツ21世紀枠で甲子園に初出場する。松田道明教頭は「野球部も『条治を超えろ』で、優勝か準優勝を目指してほしい」と舌の滑りも絶好調。【鈴木健太】

【関連ニュース】
<特集>第82回センバツ高校野球大会
五輪フィギュア:高橋銅メダル獲得の瞬間、視聴率27.2% 男子フリー
バンクーバー五輪:スピード競技ウエア 下着透けてる?
五輪スピード:メダル二つで「お家芸」復活 個別強化実る
バンクーバー五輪:思いさまざま…高橋らメダリスト会見

万引き誤認逮捕…目撃証言を過信、裏付け怠る(読売新聞)
「12年から経営悪化」 鳥取裁判員裁判 会計士が証言(産経新聞)
<詐欺>弁護士を逮捕…接見回数水増し報酬詐取容疑 岡山(毎日新聞)
ミカルディス錠、糖尿病性早期腎症の追加適応の申請取り下げ(医療介護CBニュース)
高校無償化審議入り、「公私格差」が焦点に(読売新聞)
[PR]
# by qwb5oxf7fs | 2010-03-04 08:53
 よど号グループ、日本赤軍、連合赤軍…。現代史を残る数々の事件の源流にあるとされる新左翼セクト「赤軍派」に所属したメンバーらが2月上旬、京都市内で集会を開いた。ゲストとして登場したのは、なぜか元検察幹部。会場では、公安捜査について語る元検察幹部のスピーチを熱心にメモする元赤軍派たち、という意外な場面も見られた。内部抗争や分裂を繰り返した彼らが、再び集まった狙いは一体、何だったのか。(河居貴司)

 ■死刑囚は5人

 集会の名称は「2・7反弾圧集会」。よびかけ文にはよど号ハイジャックメンバーへの時効停止や無期懲役で服役中のメンバーの釈放、獄中の処遇改善といった、自身らの要求が書き連ねられていた。

 赤軍派の母体となった勢力は「関西ブント」と呼ばれるグループで、京都大、同志社大、関西大などの学生が中心だった。当時のメンバーのなかには、今も関西居住者が多いという事情もあり、京都市内で集会が行われることになったという。

 出席者は約40人。元赤軍派幹部やよど号グループ、日本赤軍の関係者が目立ち、連合赤軍事件で逮捕起訴され服役した植垣康博さんらも参加。なかには有名企業の社長経験者や大学教授の姿もあった。

 出席者のほとんどは60歳以上で「(服役中の仲間の)救援活動といっても、こっちが先にくたばってしまうかもしれない」といったぼやき声も聞かれた。ほかにも「そもそも、いまどき反弾圧集会なんていうネーミングが最悪だ」という意見も。集会というより、会議といった雰囲気だ。

 昭和44年に結成された赤軍派は、首相官邸占拠を目的とした軍事訓練「大菩薩峠事件」をはじめ「よど号ハイジャック事件」などを引き起こしたグループで、新左翼セクトのなかでも最も過激なグループといわれていた。ただ、幹部の相次ぐ逮捕などを受けてわずか数年で四分五裂。その後、アラブ世界に新天地を求めた日本赤軍グループや、凄惨なリンチ死事件やあさま山荘事件などを引き起こした連合赤軍グループなどに分かれた。

 支援者によると、連合赤軍の最高幹部だった永田洋子、坂口弘の両死刑囚をはじめ、死刑判決を受け拘置されている関係メンバーは5人。ほかにも今も服役中、裁判中の元メンバーが多いという。また、北朝鮮にはよど号グループが残留。アラブにも元日本赤軍のメンバーが滞在している。

 ■「まだ終わってない」

 呼びかけ人の一人は「世間の人には歴史的な出来事に過ぎないだろうが、われわれにとっては終わった話ではない。かつての仲間がまだ獄中や海外にいる。現在的な問題でもある」と話す。メンバーには、社会運動を続けている人も、そうでない人もいるというが「一緒に行動した者の責任として、彼らを放っておくことはできない」という心境らしい。

 長年にわたり、服役者らへの支援活動にかかわっている集会参加者は「もちろん『あいつら犯罪なんか起こしたやつらなのに…』という世間の目もある」と述べたうえで「なかには明らかなやりすぎだった事件もある。ただ、登る前から遭難しようと思う登山者がいないのと同じように、途中でおかしいと思っても、うまく引き返せなかったということもある」と語った。

 会場には意外なゲストがいた。収賄罪に問われて実刑判決を受けて服役し今年1月に出所したばかりの、元大阪高検公安部長の三井環氏だ。現在の検察に対し不満があるという三井さんは自身の事件についての思いを述べたほか、公安捜査の状況について説明。元検察幹部のスピーチに元赤軍派のメンバーらは熱心にメモをとっていた。

 集会は公判中や服役中の元メンバーの現況報告が中心。脳腫瘍で闘病を続ける連合赤軍の元最高幹部、永田洋子死刑囚は面会者が訪れても相手が分からないほど、病状が悪化。また、1996年にネパールで拘束され、アメリカで服役している元赤軍メンバーの城崎勉服役囚が白内障と緑内障を併発したが医療環境が整わず一時は失明の危機になったことが報告された。

 一方、ハーグ事件などで懲役20年の高裁判決を受けて上告中の重信房子被告からは、獄中アピール文が。重信被告も昨年、大腸がんの手術を受けて闘病中で、アピール文では「何時でもどこでも捨てる覚悟をしては拾ってきた命。定命(じょうみょう)まで、みんなと絆を深め、広げながら共にすすみます」と記し「生きて再会を念じています」と締めくくった。

 ■「総括せよ」とは?

 重信被告は今年に入ってから、産経新聞取材班にも、手紙を寄せている。昨年6月まで産経新聞大阪版で行った連載記事を加筆してまとめた「総括せよ!さらば革命的世代」(産経新聞出版)についての感想だ。

 書籍タイトルについて「『総括せよ!』とは『何様か!?』となりますよね。『総括を』ぐらいでしょうか」などと指摘。記事について「あるがままの群像が描かれていて率直で読みやすい」と記した一方、「『総括していない』といわれている人々の葛藤や痛みに入り込めてないと思う一面もあります」と触れていた。

 また、かつて赤軍派兵士だった男性が「彼女は大幹部なのに下っ端を一人前扱いしてくれた」と証言した作中のエピソードにふれ「当時、同志に上下があるなんて思ってもみなかった。役割分担でたまたま上にいてもダメな人はダメですし」などと振り返っていた。

【関連記事】
元連合赤軍幹部・永田洋子死刑囚の脳腫瘍が悪化
元日本赤軍、和光被告の無期確定へ
過激さ健在!アラ還の伝説バンド「頭脳警察」
日本赤軍元最高幹部 重信房子被告 「世界変えるといい気に」
【さらば革命的世代】番外編 テロリストの女王、重信房子被告に聞く

自民、審議拒否続ける=駆け引き激化へ−国会(時事通信)
平成22年2月22日、南海電鉄が記念入場券(読売新聞)
夕張市 カジノ、産廃処分場…迷惑施設で起死回生?(毎日新聞)
秋田市などで震度3の地震(読売新聞)
<手掌多汗症>手術後、異常発汗で提訴、「説明不足」と患者(毎日新聞)
[PR]
# by qwb5oxf7fs | 2010-03-03 01:41